【時代の変化に即応できる】OODAループおすすめの本5選

こんにちは!アマチュア読書家のSHIBAIKOです!

今回の記事では、年間100冊以上の本を読みあさるSHIBAIKOが、

OODAおすすめの本を紹介します!

最後まで読んでみてください
OODAを全く知らない人のためにも、
カンタンな説明もしています!

ビジネスシーンでよく使われているのは、PDCAというメソッドでした!

計画→実行→評価→改善
”OODA”はこの”PDCA”と、
よく比較をされます。
しかし優劣はありません。

どちらのメソッドも、

場面に合わせて使用することで、目的を達成させる強い武器になります!

”PDCAのおすすめの本”を知りたい人はこちらの記事です。
PDCAを学べるおすすめの本16選

スポンサーリンク


OODAってどんなもの?

OODAとは、正確にはOODAループと言われており、

アメリカの軍事戦略家である、

ジョン・R・ボイド氏によって提唱された戦闘哲学です。

元々ビジネス理論じゃないんだ!?

OODAループはそれぞれ、

  • 観察(observe)
  • 情勢判断(orient)
  • 意思決定(decide)
  • 行動(act)

の頭文字をとってつけられた名称です。

この4つの要素をそれぞれ回す(ループさせる)ことで、

目指すべき成果をあげます。

PDCAとの違いは?

よく比較されるのがPDCAです。

営業成績のケースで考えてみましょう!
PDCA

先の見通しやすいモノに取り組むのに効果的

「営業成績で全国表彰されたい!」
PDCAとOODAの違い表彰には、年間100件の成約が必要
(見通しが立つ目標)

  1. 月10件成約できる計画を立てる(週に3件ペース・毎日5人以上に営業するなど…)
  2. そのために毎日5人に声かけを行う
  3. うまくいったこと、いかなかったことのフィードバック
  4. フィードバックを生かし行動
OODA

先の見通しにくいモノに取り組むのに効果的

「このお客様から成約を獲りたい!」
PDCAとOODAの違い現場でお客様に営業
”どんな人”で”なにを言われるか?”不確定で見通しが立たない)

  1. どんな人かを観察(会話や仕草)
  2. どのような人かを判断・理解する
  3. どうアプローチをするのか決める
  4. 実際にアプローチをする
(PDCAもOODAもマスターすれば、どちらも効果的ですが…)
このように、

  • 見通しが立ちやすいモノ→PDCA
  • 見通しが立たないモノ→OODA

と使い分けると効果的です

ラグビー日本代表もOODAループを取り入れていた

不確定要素の多いスポーツでもOODAループはとても効果的です。

ラグビー日本代表の躍進の裏にはOODAループがありました。

監督が一方的に指揮するのではなく、
選手が自主的に判断し臨機応変に対応する練習をしていました。

選手が相手のクセを観察して、
選手が判断して、
相手の弱点をつき主導権を握る。

現場に一定の裁量権を与え、臨機応変に対応させるのがOODAループです。
ビジネスの場面でも、
OODAループを取り入れることで、
現場が瞬時に最善を選べるように育っていきます。

では実際におすすめの本を紹介します!

スポンサーリンク


OODAループ初心者が絶対に読むべき一冊/OODAループ思考

OODAループ思考[入門]ー日本人のための世界最速思考マニュアル

 入江 仁之

元々”日本人の思考”は変化に即応できない思考なんです…

それを克服するための一冊です。


OODAループの概念を知りたいなら、絶対に外せない一冊です。

日本人は、ものごとをじっくり、ロジカルに考える習慣が身についています。

和を大切にするからなぁ
しかし、早い決断ができないというのが日本人の特徴でもあります…

OODAループを身につけることで、

即断する習慣を会得することができます!

元々日本人の持っている、
”ロジカルな思考”+”即断”こそがOODAループの真骨頂です。

  • 会議で発言したいことを先に言われる
  • お客さんに交渉のペースを握られる
  • 決断を先延ばししてしまう

こうした悩みはOODAループを取り入れることで、間違いなく解決します!

文章も分かりやすく、図解が多いのでOODAループ理論に関してはこの一冊で、かなり学べます!

“スピードと柔軟性が最優先される時代にはそれに合った思考法が必要です。
OODAループはまさに変化の早い時代に合った、新しい思考法なのです。”

OODAループの原著ともいうべき一冊/OODA LOOP

OODA LOOP(ウーダループ)ー次世代の最強組織に進化する意思決定スキル

 チェット リチャーズ

OODAループが世に広まるきっかけとなった一冊です。


OODAループについて、その成り立ちから詳しく知りたい人におすすめの一冊です。

思考法だけを知りたい人には、とても難しい本なので注意が必要です。

OODAループは本来”戦闘哲学”であり、本書は軍事的な説明や歴史的な背景がほとんどです。

  • OODAループを深く学びたい!
  • 人の解釈を入れずに理解したい!

という人におすすめの一冊です。

“OODAビジネスだけではなく、あらゆる人間の努力に適用することができます。”

OODAループ理論をかみ砕いて知りたい/ドイツ電撃戦に学ぶOODAループ「超」入門

ドイツ電撃戦に学ぶ OODAループ「超」入門 (Panda Publishing)

 夕撃旅団

”メソッド”+”OODAループの歴史”を学べるハイブリットな一冊です。


上の2冊(OODA思考・OODA LOOP)のハイブリット版といった感じの本です。
(あくまで個人的な感想です…)

OODAの理論と軍事的な背景を学びたい人におすすめの一冊です。

読みやすく書かれているので、本が苦手な人でもあっさり読みきれます!

“歩く時でも、ランチを決める時でも、
人が何らかの行動をとるときは、OODAループを無意識に必ず回してから行動に入るというのがボイド(OODAループ発案者)の主張です”

 

この無意識を有意識に変えるだけで、
あなたの決断力は早くなり、
圧倒的な成長速度に変わります!

買うよりおトクです!
ドイツ電撃戦に学ぶOODAループ「超」入門は、
Amazonの月額読み放題サービス
”KindleUnlimited”のラインナップです!

スマホOKです!
本を読むなら初回無料を使った方がお得です!
他にもたくさんの本が読み放題です!

リスク管理に応用したい人におすすめ/OODA 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメント

OODA 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメント

 小林宏之

事故・ミスが許されない業界での危機管理とは…


不確定要素の多い業界(交通や医療)などの危機管理メソッドを学ぶことができる一冊です。

著者の小林さんは元・日本航空機機長(引退の時のフライトはYouTubeにもあるくらい有名です…)で現在は、危機管理の専門家として活動されています。

  • 守りではなく、攻めの危機管理
  • 悲観的に準備して、楽観的に対処する

といった通常では学べないような、

核心をついた危機管理を”OODAループ”を通じて学べます。

“日本人はリスクマネジメントや危機管理における意思決定が苦手とされてきました。
それを克服するためにも、
OODAを活用し、臨機応変に素早く対応できる体勢を整備しておく必要があります。”

スポンサーリンク


マーケティングに応用したい人におすすめ/最強のマーケティングOODA

最強のマーケティングOODA(ウーダ)

 坂本松昭

あなたのマーケティング戦略は変化の時代に対応できますか?


本で紹介されているマーケティング手法の核心はOODAループにあります。

VUCA時代に合ったマーケティングこそがOODAループだと筆者は言います。

VUCAとは、

  • 不安定で変化の早い(Volatility)
  • 不確実で予測不可能(Uncertainty)
  • いろいろな要素が複雑に絡みあう(Complexity)
  • 因果関係があいまい(Ambiguity)

こんな時代にマーケティングで大切なことは、

時間をかけずに意思決定・行動することです。

この本を読むことで、

  • 顧客の情報の見方・生かし方が理解できる
  • 顧客(利益率など)によって適切な対応ができる
  • 顧客への正しいアプローチができる
  • 市場の変化に高速で対応できるようになる

といったことを学べます。

時代に適したマーケティング手法を根本から理解できるようになります。社会変化を捉えながら、具体的なアクションがとれるように解説された本です。

スポンサーリンク


【まとめ】OODAループの原点は日本人だった!?

ここまでOODAループを学べるおすすめの本を紹介してきました。

OODAループはまだ、
日本で馴染みのないメソッドですが、
考案者であるボイドは、

日本の戦術からも学び、
このメソッドを完成させていたのです。

それが、

宮本武蔵の不敗の兵法『五輪書』・トヨタの『カイゼン』です。

新しいメソッドでありながら、
実は日本では昔からあった戦術だったんだね…
これからの時代に効果的なメソッドなので、
一度本を手にとってみてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

他にも”成長する”ために、

参考になる本を紹介しているのでぜひ読んでみてください!

Twitterのフォローもお願いします!
OODAの本をおすすめします
最新情報をチェックしよう!
window.addEventListener('DOMContentLoaded', function() { var swiper03 = new Swiper('.sample03 .swiper-container', { pagination: '.swiper-pagination', paginationClickable: true, nextButton: '.swiper-button-next', prevButton: '.swiper-button-prev', loop: true, slidesPerView: 3, centeredSlides : true, slideToClickedSlide: true, spaceBetween: 10, breakpoints: { 543: { slidesPerView: 2 } } }); }, false);