人間関係におすすめの本【性格別に分けました】

アマチュア読書家のSHIBAIKOです。

年間150冊以上
多ジャンルの
本を読みます
この記事では、
あなたの性格を考慮し、
性格別に人間関係におすすめの本を紹介します。

 




心理学の権威
アドラー
全ての悩みの根元は人間関係だ。

 

と言われるほど人間関係というのは人生を左右します。

とはいえ良い人間関係を築くためには、自分の性格を知っておく必要があります。

 

今回はタイプを何種類かに分けて、本をおすすめしているので、あなたが当てはまるものを見つけてください!

  • 言いたいことが言えないタイプ
  • なぜか特定の人とはギスギスしちゃうタイプ
  • 強い立場の人だけ苦手なタイプ
  • はっきり言いすぎて揉めちゃうタイプ
  • とにかく人を信用できないタイプ

言いたいことをはっきりと言えずにモヤモヤ…

言いたいことがあるのに、自分の中に押し殺してしまって後悔するタイプのあなた。

根が優しいから、本音を言って
相手に不快な思いをさせたり、
悲しませたりしないか
心配なんですね。

とはいえ【しっかり相手に伝えないといけない】ことも自覚しているあなたにおすすめの本を紹介します。

言葉にすることから逃げると損しかしない【言語化力】

言いたいことを言う力は、早いうちに身につけておきましょう。

職場での立場が上がっていくと、言語化力を育てることがとても難しくなります。




なぜなら権力があれば、言いたいことを言うのがラクになるからです。

そうなると気遣いのない言動が生まれたり、相手を傷つけたりしてしまいます。

権力は使い方によっては危ないんですね…
そうならないためにも早いうちに、自分の考えを言語化する力を身につけましょう!

言葉はあなたの未来を形成してくれる大切なものだと学ぶことができます。

自分自身を冷静に見れるなら【嫌われる勇気】

自分自身を冷静に見ることのできるあなたに

おすすめの本が【嫌われる勇気】です。

もうあなたが気を遣って「言いたいことを言えなくなる」ことがなくなります。

 

人を分析して気遣いをできてしまうあなたなら、この本の伝えたいことを理解することで周りの人にもいい影響を与えます。

 

最初は若干厳しいことを言われますが、
人間関係の本質をついているので
人間関係に悩むなら一度読んでおきたい本です。

 




 

今ならAmazonオーディブルを使うと、
無料で【嫌われる勇気】を聴くことができます!

 

特に会話が多い【嫌われる勇気】は聴く読書に適した本です。

 

無料お試しで【嫌われる勇気】を読んでみてください!

番外編 全ての恐妻家の男に贈る… 【AX】

最強の殺し屋は-
恐妻家。

言いたいことが言えない究極系の物語です。

言いたいことが言えない人には、共感できるポイントがとても多く、めちゃくちゃおもしろい物語です。

これといった解決策があるわけではありませんが、人に言いたいことが言えない話として、とてもおもしろい物語なので紹介させていただきました!
無料お試しを使って【AX】を読んでみてください!




はっきり言いすぎてもめてしまう

人にはっきり言えるのはとてもいいことです。

しかしはっきり言いすぎて、
もめてしまっては元も子もありません。

 

はっきり言いすぎてあとで後悔しちゃったり、「なんか悪い方向に進んじゃう」という人におすすめの本が、

【人を動かす】と【1兆ドルコーチ】です。

長年読み継がれる人付き合いの根本原則【人を動かす】

人との関わりで大切な原理原則を、実話を元に紐解いていく世界的超ベストセラーです。

人が自分の意思の通り動いてくれる理由は、
強制力だけではありません。

 

人を動かすために知っておきたい原理・原則を学ぶことができます。

  • 人を動かす3原則とは?
  • 人に好かれる6原則とは?
  • 人を説得する原則とは?
  • 人を変える原則とは?

人間関係をよりよくする基本の詰まった本です。

今ならAmazonオーディブルを使うと、
無料で【人を動かす】を聴くことができます!
無料お試しで【人を動かす】を読んでみてください!




人間力の証明者ビル・キャンベル【1兆ドルコーチ】

はっきり言うこと・相手を気遣って言うことのバランスを学べる本です。

シリコンバレーで様々な経営者のコーチ、ビル・キャンベルの【人に伝える技術】を知ることができます。

はっきり言わないといけない場面と、
気遣わないといけない場面。
そのバランスを取る秘密が詰め込まれています。

人間関係だけでシリコンバレーの成功者となったビルの考え方は、どの社会にも通用する考え方です。




今ならAmazonオーディブルを使うと、
無料で【1兆ドルコーチ】を聴くことができます!
無料お試しで【1兆ドルコーチ】を読んでみてください!

なぜか特定の人とだけギスギスしちゃう…

なぜか特定の人とだけギスギスしちゃうタイプの人におすすめの本を紹介します。




仲良い人とだったら全然うまくやれるのになぁ…
あの人だけはダメなんだねぇ…

普段なら誰とでも気軽に接することができるのに、特定の人だけギスギスしちゃう…

 

よりによって、そういう人ほど
仕事で接しないといけなかったりしますよね…

 

そうした特定の人との関係を改善したいあなたにおすすめの本は、

【自分の小さな「箱」から脱出する方法】です。

この本を読むことで、

  • あなたがなぜ特定の人とだけギスギスするのか?
  • ギスギスする人の扱い方とは?
  • あなたが人からどう見えるか?
  • 歩み寄るのに相手にその気がないときは?

といったことが分かるようになります。




【ギスギスしている状態】を克服したい人はぜひ読んでみてください。

 

夫婦間でギスギスしてしまうという人にもおすすめの本です!
詳しくはこちらの記事を読んでみてください!

嫁にイライラする前に読むべき本【センス◎なら人生が劇的に変化します】




強い立場の人にだけ弱いタイプ

普通の人には普通に接して、自分をさらけだすことができるのに【強い立場の人】にだけ、

上司に必要以上に緊張しちゃう…
いつもの自分が出せないんだよなぁ…

という人におすすめの本が、

  • 人を動かす人の質問力
  • 【小説】太閤記

の2冊です。

質問は人間関係を築く最強のツール
【人を動かす人の質問力】

立場の強い人との関係を強めたいなら、質問力を身につけることをおすすめします。

目上の人と話すのは苦手でした…
立場が強い人と話すことが無い…
という人にこそ知ってほしい考え方が詰まっています。

 

なぜ立場の強い人と話すのに【質問】が効果的なのでしょうか?




それは【目上の人(または会社)に興味がある】ことと【自分はちゃんと考えている】ことを同時にアピールできるからです。

社会人3年目に
気付きました…
立場が強い人だからといって、
会話が苦手なのは、

あらゆる場面で損をします。

 

とはいえ中身のない質問は危険です。ぜひこの本を読んで質問力を磨きましょう。




 

日本史上最も怖い上司を操る男の物語【太閤記】

強い立場の人との接し方が上手になりたいならこの男に学びましょう。




日本史上最も恐怖の上司といえば織田信長です。

太閤記は信長をうまく利用した、
家臣の豊臣秀吉の物語です。

 

信長はとても難しい上司です。

  • 言葉数が少ない(何かを感じとれ系)
  • 徹底した成果主義
  • 家臣が活躍しすぎる(でしゃばる)ことが嫌い
  • 意見を述べられるのが嫌い
  • でもなにも答えられないのも嫌い
  • 頭が悪いのが嫌い
  • 裏で部下がどう思っているのか調べる

という現代でも稀有なタイプの上司です。

今ならパワハラで訴えられるレベルの厳しさですね…

 

しかし秀吉は上の厳しさポイントを全て攻略した【行動・言動】をとっています。

今の社会でも使える処世術が詰まった、
とても面白い本です。

 




とにかく人間が嫌いなタイプ

なんらかの理由で、

とにかく人間関係なんかうっとうしい!
誰にでも自分をさらけ出すことができない…

なんらかの理由があるかもしれませんし、元々そうなのかもしれません。




そうした人におすすめの本が、

  • 嫌われる勇気+幸せになる勇気
  • 人間失格

です。

あなたのトラウマを破壊します【嫌われる勇気】

主人公は過去に両親から認めてもらえず、ひどい言動を受けたことから【人間不信】になっていました。

人間関係におすすめの本を紹介

そんな主人公に対して、

哲学者
あなたは不幸になりたくて、
不幸になっているんだ…

もはや暴論ともいうべき回答をしました。

子ども時代には兄弟と比べられ、孤立した人生を送り

仕事でも一方的に怒鳴り散らされ、ますます人間嫌いに…

そんな人生を選ぶ人なんかいないはず…
それなのに自らそんな人生を選んでしまう…?

その深い理由に私は強い共感を覚えました。

無料お試しで【嫌われる勇気】を読んでみてください!

人間なんてみんなそんなもの…【人間失格】

人間関係を究極に突き詰めていくと、こういうことなんじゃないかと思っています。

なんと!Kindleなら無料です!

主人公葉蔵は、自分の心の内を悟られまいと、自分を偽り自分の意見を隠しながら生き続けました。




虐待・周りの過度な期待・裏切り・恋などを通じて葉蔵は自分という人間を殻に閉じ込めていきます。

葉蔵の見る人間像は新鮮でありながら、
どことなく、誰もが経験するような、
懐かしい感覚を覚えてしまいます。

この物語は【暗い】の一言で終わらせてはいけません。

葉蔵が【父の死】の時に感じたことこそ、人間嫌いに知ってほしい感覚です。

人間失格は昔の言葉が多く難しく感じます。

朗読で聴くと、感情移入しやすくラクに読めるので、
ぜひ耳で聴く読書を活用しましょう!

無料で【人間失格】を読んでみてください!

以上、人間関係におすすめの本の紹介でした。



よかったらTwitterのフォローもお願いします!
最新情報をチェックしよう!